TASTE LOG 13/09

TOPへ戻る
▼09/30
▼09/29
▼09/28
▼09/27
▼09/26
 とある科学の超電磁砲S 3
 この辺のアイテム戦がガッツリあったのは嬉しい。フレンダカワユス。
 機動戦士ガンダムSEED DESTINY HDリマスター Blu-ray BOX 2 初回限定版
 MBデスティニーが出る頃までには見てしまおうかと。
▼09/25
 超次元ゲイムネプテューヌ THE ANIMETION 1
 ゲーム機擬人化作品のアニメ化。笑いあり、ネタあり、バトルあり、そしてまさかの涙ありで良いアニメ化だと思います。
出てくる敵やエフェクト、技の演出、シナリオ構成、どれもゲームをやっているとニヤッとできるのも嬉しいですね。
しかし中島みゆきのカバー曲が流れるような展開になろうとは夢にも思いませんでした。
(ゲームネタバレ反転)
ゲームだと記憶戻すのにアイエフが中二病設定集を音読させられたりしていました。
完全にギャグである。思い出5点セットなんかいらんかったんや!

OPは10話で完成したOPではなく放送時のものになってました。曲調にあったスタイリッシュな感じで初期OPも好きです。
ざっと放送時のものと見比べてみた感じ、1話のEDに挿入歌の記述が追加されてた位で作画修正などはないようでした。
 ゲームをプレイした方には是非見てもらいたいアニメであります。
 俺の妹がこんなに可愛いわけがない。4
 圧倒的破壊力の黒猫回。神猫衣装はアニメでもすっごい可愛い。けど町中で歩いてる映像は結構シュールですよね・・・
 今回の映像特典は長め。最近よく見たオンラインゲームの衣装ががが・・・
▼09/24
 昨日「マン・オブ・スティール」(音注意)とレイトショーで「コードギアス 亡国のアキト 第二章」を見てきました。
▼09/23
 基本的にガンダムはガンダム機体を中心に買っています。
サザビーやシナンジュ、イフリート改なんかも格好いいなーと思うんですが、敵機体は種類も多くて買い出すとあれもこれもと手を出してしまいそうなので・・・ROBOT魂のバイアラン・カスタムは思わず飛びついてしまいましたが。
▼09/22
▼09/21
▼09/20
▼09/19
▼09/18
▼09/17
 中旬組。
▼09/16
▼09/15
▼09/14
▼09/13
▼09/12
▼09/11
▼09/10
▼09/09
▼09/08
▼09/07
▼09/06
 アイアンマン3 Blu-ray+デジタルコピー
 アイアンマンシリーズ3作目。アヴェンジャーズの後の話になっています。
(ほんのり反転)
 マーク42とナンバーが跳ね上がっていたので、てっきり装着して無双するのかと思っていたら、
遠隔操作したり他の人に着せたりとサポートチックな使用が多く、見る前と印象がかなり異なったり。
 山場のスーツ勢揃いはテンション上がりまくりますね。
スーツをガンガン着替えながら戦うというのは一度見てみたかったので感動です。
しっかし今回は敵側が異常に強かったですね。あんなあっさりスーツを斬るとは・・・
 物語自体はコレで終わりっぽいですが、最後の一文からしてアベンジャーズ2にも登場するのかな?
▼09/05
 とある科学の超電磁砲S 2
 このあたりの一方通行さんはホンマ容赦ないで・・・
 這いよれ! ニャル子さんW 4
 シャンタッ君の人間体の瞳がアニメは普通でしたね。ジャケットイラストの瞳の処理でも見てみたかった。
▼09/04
 劇場版 とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇蹟 特装版
 BOXやら映像特典やらアフレコ台本やら付いてます。劇場で見たので2回目視聴。
もう少し後日談とか欲しかったなぁとは思いましたが、劇場版ならではの規模のデカさと演出の派手さでやはり面白い。
背景とかめちゃめちゃ綺麗ですねぇ。
驚きの活躍を見せていた火織が映像特典でもネタになっててワロタ。やっぱりあのまま帰ったんですかね・・・
▼09/03
▼09/02
▼09/01
 8月下旬組。プレバン組も届いています。
 ジョジョの奇妙な冒険 ALLSTARBATTLE
 デフォルトで32人という大人数が登場するお祭りゲーム。ストーリークリアとオンライン対戦やらを一通りプレイ。
 まずメインになりそうなキャラモデルと技の演出はとにかく素晴らしいです。もう技を当てたり台詞を聞いたり、キャラの掛け合いを見てるだけでワクワクが止まりません。
 次に格闘ゲーム的な部分ですが、キャラゲーとしてはよく出来てる部類ではないかと。
 簡単1ボタンで一連のコンボ、チェーンコンボ、必殺技キャンセル超必殺技、ロマンキャンセル、ジャストガードで軸回避、空中の相手に判定あり、スタンドの技判定を残したまま自キャラ操作可能技など、最近の格闘ゲームにある要素を含みつつ、ジョジョとして欲しい要素もあり。
 チェーン>必殺>超必殺と言ったものから、自分の使っている仗助だとチェーンして浮かせてスタンドキャンセルして追撃してゲージ2超必殺なんて出来たりもします。ちょっと素敵。
 ただジャンプ攻撃が他の格闘ゲームに比べると判定が強め。地対空の技があまりないように感じるので、オンライン対戦でもガンガン跳ねて空対空しつつ、こすっていくスタイルを取ったり取られたり。この辺格闘ゲームとして考えるとちょっと大味に感じます。
 ストーリーモードは文字説明と登場キャラでの戦いのみなので微妙・・・5部以降のはしょりっぷりが凄いことに。
 キャンペーンモードはまんまソーシャルゲームなノリ。時間経過で回復するエネルギーを使ってカスタマイズメダルを集めます。
携帯ゲームとかと連動にしてもらわないと据え置き機でやるには面倒なシステム・・・
 個人的には見事な演出もあって楽しめてたりしますが、DLCがかなり出そうなのと、キャンペーンモードの仕様もあってオススメはしにくいかも・・・
TOPへ戻る