海洋堂 リボルテックヤマグチ No.113 ANUBIS ZONE OF THE ENDERS アヌビス レビュー

海洋堂 リボルテックヤマグチ No.113 ANUBIS ZONE OF THE ENDERS アヌビス

▼商品データ
メーカー 海洋堂
シリーズ名 リボルテックヤマグチ
登場作品

ANUBIS ZONE OF THE ENDERS

原型師 山口勝久
発売日 2011/12/15
価格 3,480
サイズ 約140mm
▼スタイル
ANUBIS ZONE OF THE ENDERSよりアヌビス。最強のオービタルフレームの名にふさわしく、リボルテックシリーズ最高クラスのボリュームになっています。
サイズがでかいため、いつものV字ベースを連結できるパーツが付いています。
▼アップ
ちゃんと瞳部分があったんですね。ブラウンとゴールドメタリックの塗装が渋いですね。ちょこちょこと色飛びはありますが、まずまずの塗装精度です。
▼可動
首6mm径×2。肩8mm径左右。上腕部モノシャフトドライブ。肘8mm径左右。手首4mm左右。胸10mm径。
股関節10mm径。膝モノシャフトドライブ+前後可動。尻尾6mm径。膝が逆関節になっていて手前に可動します。
巨大翼状ウィスプスラスター保持&接続部分。中央がアレイタイプで残りは8mm径接続になっています。
▼付属品
ロンススピア、V字ベース連結パーツ、ダミージョイント、V字ベース×2と支柱など付属
▼ギミック
ロングスピア。ハンドパーツにダボ穴接続。160mm程度あるので結構取り回しが大変。
6機はすべて開閉可動。
▼アクション
▼まとめ
以上でしたー。ジェフティ同様に造形は中々シャープで、何より格好良く仕上がっています。リボの保持も十分で本体や羽がよく動くので遊び甲斐も文句なし。
ANUBIS ZONE OF THE ENDERSをプレイしたことがある方に激しくオススメしたい玩具です。ゲームのHDリマスター版も早く出して欲しいですね。

▼スポンサーリンク