メディコス・エンターテイメント 超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第四部 スタープラチナ(荒木飛呂彦指定カラー) レビュー

メディコス・エンターテイメント 超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第四部 スタープラチナ(荒木飛呂彦指定カラー)

▼商品データ
メーカー メディコス・エンターテイメント
シリーズ名 超像可動
登場作品 ジョジョの奇妙な冒険 第四部
原型師 原型製作:PROGRESS
造形プロデュース:匠工房
発売日 2011/05/26
価格 3,990
サイズ 約160mm
▼スタイル
超像可動シリーズ第28弾は第四部版スタープラチナ。三部版とは変わって完全新造形となっています。
個人的にゲーム版カラーは青で、原作はこのパープルとライトブルーの配色なイメージです。
▼アップ
塗装は毎度のごとく凄まじい精度。個体差はちょっとあった感じですが、とても綺麗に塗装されてますね。
▼可動
全体的な可動は他のキャラと同じですが、肩に前後スイングが追加されています。腕をクロスさせたり、殴りポーズも様になります。
▼付属品
木片、オプションフェイス、オプションハンド右×3左×5
▼ギミック
通常顔。目が大きくてちょっと変な感じがするかも・・・。瞳がつぶらですし。
怒り顔。アクション用の叫び顔。こちらはあまり気にならずカッコイイです。
木片。シアーハートアタック回で使用した物ですね。マニアックだー!
▼アクション
▼まとめ
以上でしたー。相変わらずの造形を維持しつつ広い可動域を誇る、第四部版スタープラチナでした。それだけにちょっと表情が残念。
もう少し格好良くというか、鋭い目線の表情で作って欲しかったなぁ。とはいえ怒り顔は格好良く、ポージングも決まるのでとても遊び甲斐あります。

▼スポンサーリンク