海洋堂 リボルテックヤマグチ No.099 ゲッターロボアーク ゲッターアーク レビュー

海洋堂 リボルテックヤマグチ No.099 ゲッターロボアーク ゲッターアーク

▼商品データ
メーカー 海洋堂
シリーズ名 リボルテックヤマグチ
登場作品 ゲッターロボアーク
原型師 山口勝久
発売日 2010/12/15
価格 2,400
サイズ 約120mm
▼スタイル
ヤマグチゲッター十作目はゲッターアーク。未完の作品だとか。他のゲッターと同じくマッシブな体型になってますね。
▼アップ
頭部や各部ラインなど綺麗ですね。ゲッターウイングはクリア素材になっています。
▼可動
首は珍しくボールジョイント+リストジョイント可動。肩、肘、腰、股、膝、足首リボルバージョント。手首リストジョイント。
ゲッターウイングは接続部がアレイタイプリボルバージョント。各ウイング部球体可動。
▼付属品
ゲッタートマホーク、接続グリップ、敵内部メカエフェクトパーツ、オプションヘッド、オプションハンド左右x4、ベース&スタンド
▼ギミック
口部分が展開した差し換え用頭部付き。
ゲッターウイングを放射線状に展開してサンダーボンバーを再現できます。
ゲッタートマホーク。片刃がでかい形状になってます。
接続用グリップで双刃型に。
敵内部エフェクトパーツ。
サンプルとか見たときは必殺技エフェクトパーツだと思ってたのですが、敵の内部を引きずり出した時のエフェクトでした。
▼アクション
▼まとめ
以上でしたー。連結可能なトマホークにエフェクトパーツ、そしてワキワキ動くゲッターウイングによるポージング付けが楽しいゲッターアークでした。
ただ個人的にはリボルバージョイントをもう一段階くらい遊びやすくして欲しいなぁ。足首など細かな角度付けが難しい・・・。
次は100弾ということで再び初号機。どのくらい進化しているのでしょうねー。

▼スポンサーリンク