超像可動 クレイジー・ダイヤモンド レビュー

メディコス 超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第四部 13.クレイジー・ダイヤモンド

▼商品データ
メーカー メディコス・エンタテイメント
原型師 PROGRESS
価格 3,675
サイズ 約16cm
コメント 超像可動シリーズよりジョジョの奇妙な冒険 第四部 クレイジー・ダイヤモンド。
▼スタイル
第四部1弾目として登場のクレイジーダイヤモンド。マッシブでかなり好みな体型です。
▼アップ
流石の塗装精度でめちゃめちゃ綺麗に仕上がっています。
▼可動
首にボールジョイントと前後可動、下部にボールジョイント可動があります。背部はチューブで繋がっていますが、軟質素材であまり干渉しません。
肩前後ロールと左右スイング。肘二重可動。手首球体可動。
胸がボールジョイント、腰前後可動と左右ルール。股関節球体可動。腰のサイドパーツがボールジョイント可動。
膝二重可動。足首球体可動、足先が前後可動。
▼付属品
フェイスパーツ二種、ライフル弾、ガラス片、オプションハンド(右x7、左x4)
さらに擬音パーツ付き。今回はクリアではなくなりました、個人的にはこっちの方が台詞っぽくて好みです。
▼ギミック
叫び顔に差し替え。迫力満点でいい表情してますね。
ライフル弾とガラス片は持たせることが出来ます。
▼アクション
▼まとめ
以上でしたー。豊富なオプションハンドに遊びの幅の広がる擬音エフェクト、美しい塗装と隙のない仕上がりのクレイジー・ダイヤモンドでした。
このシリーズはもうかなりの完成度に仕上がっていますね。毎回のように、スタンドを手に入れると書いている気がしますが、仗助が待ち遠しいです。

▼スポンサーリンク