RKF 仮面ライダー滅 スティングスコーピオン レビュー

バンダイ RKF 仮面ライダー滅 スティングスコーピオン (仮面ライダーゼロワン)

▼商品データ
メーカー バンダイ
シリーズ名 RIDER KUCK’s FIGURE
登場作品 仮面ライダーゼロワン
発売日 2019/11/02
価格 2,500
▼スタイル
「仮面ライダーゼロワン」より「仮面ライダー滅(ホロビ) スティングスコーピオン」
▼アップ
「仮面ライダーゼロワン」の4号ライダー…でいいのかな?5号になるのかも。今までにない直球のライダー名ですな。凄く忍者っぽい。

整形色のメタリックパープルは発色良くて綺麗。全身に走る拘束帯のような「リストレントケーブル」が塗装されていないので、少し簡素な見栄えになっています。

しっかりと造形自体は施されているので、塗装がないのは残念ですね。

マスクアップ。トサカが短いのと顎が丸く出っ張っているので、ちょっと雰囲気が違って見えます。額周りが塗られていないのも寂しい。
▼比較
同時発売の「RKF仮面ライダー迅」と造形比較。頭部と左腕が違うだけかと思ってたのですが、背中のデザインも異なっています。
▼可動
可動は他のゼロワンシリーズと同じ。
▼付属品
平手パーツのみ
▼アクション
▼まとめ
以上でした。スーツの造形は頑張っていますが、マスクの造形や塗装は少し寂しい仕上がりとなっています。グー手があるのは嬉しい…けどアタッシュアローがないからなのでしょうね。

早めに出てくれるのは嬉しいですが、主力武器はつけて欲しいです。

▼スポンサーリンク