METALBUILD ガンダムアストレイ レッドフレーム レビュー

バンダイ METALBUILD ガンダムアストレイ レッドフレーム (機動戦士ガンダムSEED ASTRAY)

▼商品データ
メーカー バンダイ
シリーズ名 METAL BUILD
登場作品 機動戦士ガンダムSEED ASTRAY
発売日 2016/03/26
価格 19,440
サイズ 約180mm
▼スタイル
「機動戦士ガンダムSEED ASTRAY」より「MBF-P02 ガンダムアストレイ レッドフレーム」
▼アップ
電解メッキを含め三色で再現された赤色がとても美しい。ダイキャストに施された電解メッキのワインレッドが特に映えますね。白部分はポリカーボネートが使用されているそうです。

METALBULID特有のマーキングも情報量が増して見栄えが良いですね。マッシブかつバランスの良い造形でスタイルは抜群です。

頭部アップ。縦長すぎずと言った感じでイケメンフェイスとなっています。かなり格好いい造形ではないかと。若干アンテナが外れやすいので破損に注意です。
▼可動
首上部ボールジョイント可動。下部前後可動。
胸部前後可動。腰横ロール。腰があまり動きませんがこんなものかな・・・?
肩前後可動+縦ロール+左右スイング。上腕部横ロール。肘二重可動。手首前後可動+横ロール。
股間接縦ロール+左右スイング。膝二重可動。足首前後+横可動。足先上下可動。

基本的な可動箇所に関してはMGクラスとそう変わらない感じとなっています。

バックパック接続部前後可動。ビームサーベルマウント部左右可動。接続を外すことで下部にスライドさせることが出来ます。
▼付属品
ガーベラ・ストレート、鞘、ビーム・ライフル、シールド、ビームサーベルエフェクト×2、ベース用ジョイントパーツ×2、各種オプションハンド
▼付属品&ギミック紹介
ガーベラ・ストレート装備。マウント位置は太股になっています。かなりボリュームのある作りになっています。
アップ。マウント位置を差し替えることで逆にマウントすることも可能です。
刀は抜刀可能。鍔でカチッと保持されるので、しっかりと収納することが出来ます。
刃は電解メッキと刃紋は塗装で再現。リアルな刀身を再現してあります。
柄や鍔を分解することが可能。刀身には「菊一文字」の文字が掘ってあります。
ビーム・ライフル。アレンジが入っていて情報量が多いです。フォアグリップが可動。
シールド。接続アーム部がフレキシブルに可動。接続部が上下可動。
のぞき穴のカバーが上下可動。下部のグリップが可動。
ビームサーベル。太めの刃が2本付属しています。
恒例のアクションベース。ネームやエンブレムなどがプリントされています。
接続ジョイントは2種類。右側のジョイントはバックパックを下部に下げた場合に使用します。
▼アクション
▼まとめ
以上でした。とにかく電解メッキを含めた外装処理が美しく重量感がありとにかく美しいアストレイ。少しだけ可動に驚きが欲しかった気もしますが、遊ぶ分には不満はないのでこの辺は仕方がないかな?かなりお高くはありますが個人的には満足度の高い内容となっていました。

▼スポンサーリンク