HG ガンダムアストレイブルーフレーム セカンドL レビュー

バンダイ HG ガンダムアストレイブルーフレーム セカンドL (機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY B)

▼商品データ
メーカー バンダイ
シリーズ名 HG GUNDAM SEED 57
登場作品 機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY B
発売日 2013/05/25
価格 1,785
サイズ 約125mm
補足 部分塗装して、メラミンスポンジで磨いています
▼スタイル
「機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY B」より「MBF-P03R ガンダムアストレイブルーフレーム セカンドL」
▼アップ
バランスの良い顔立ちで実にイケメン。MGに勝るとも劣らない格好良さです。
最近のアストレイシリーズの第1弾だったようで、全身新規造形に。ゴツイ武装ながら大変スタイルが良いです。

パーツ分けはまずまず。大まかな部分はしっかりとパーツ分けされていますが、パチ組みだと細かな部分はシールでの再現が多め。とはいえ、本体はしっかりとパーツ分けされているため、サイズを考えると優秀だと思います。

見ての通りバックパックが大型ですが自立は可能です。背中のタクティカルアームズ用のディスプレイベースもあり。

▼可動
素体の可動に関しては後発売の商品になりますが、戦国アストレイと同じ。よく動き、両手持ちなどのポーズも決まります。
▼付属品
本体装備品以外だとディスプレイベースと平手パーツが左右。
▼付属品&ギミック紹介
タクティカルアームズ(ソードモード) バックパックに背負っているタクティカルアームズは差し替えなしでソードモードに。
専用のディスプレイベースあり。立たせている状態でも支えに使用できます。
タクティカルアームズ(ガトリングモード) 設置機銃のような様相のガトリングモード。変形後、銃身にリアアーマーのパーツを取り付けて完成。
アーマーシュナイダー。太ももの鞘に収納可能。
脚部の隠しアーマーシュナイダーは差し替えで再現。
▼アクション
▼まとめ
以上でした。手のひらサイズなのもあって、大型武装も取り回ししやすく遊びやすい。この価格でこの装備とクオリティは純粋に凄いですね。

▼スポンサーリンク