ULTRA-ACT サンダーグリッドマン レビュー

バンダイ ULTRA-ACT サンダーグリッドマン (電光超人グリッドマン)

▼商品データ
メーカー バンダイ
シリーズ名 ULTRA-ACT
登場作品 電光超人グリッドマン
発売日 2013/01/31
価格 5,775
サイズ 約170mm
▼スタイル
「電光超人グリッドマン」より「サンダーグリッドマン」
▼アップ
外装はシャープで塗装も綺麗と大変よく出来ています。いい感じのゴツさでカッコイイ。

ただ素体の塗装箇所が少なく、太ももが真っ赤なのが気になります。

▼付属品
サンダーグリッドビーム再現パーツ、肩ジョイント(小、大)、合体時再現用頭部、連結合体ジョイント、ディスプレイ用ジョイントパーツ

オプションハンド左右×3

▼付属品&ギミック紹介
付属している素体。肩がボールジョイント可動、肘が上下可動するのみ。ほとんど塗装されておらず、簡素な内容になっています。
別売りのグリッドマンの各パーツを外してサンダーグリッドマンに変身(頭部と手首も取り外します)
ゴッドタンクパーツをグリッドマンの脚部、ツインドリラーパーツを腕、、サンダージェットパーツを腹部に被せることでフル可動に。
被せてるとは思えないほどフォルムは良いですね。首ボールジョイント+前後可動。足首ボールジョイント可動。足先上下+横ロール。

ただ股関節が脚部の重さに耐えられず、開くと保持が出来ません。干渉で肩のドリルがすぐ外れてストレスがたまります。

合体時再現用頭部。ツノが可動。内側が空洞になっているのでグリッドマンの頭部を刺したまま取り付けできます。首は無可動。
サンダーグリッドビーム再現パーツ。拳に直接取り付け。
肩のドリルは取り外し可能でドリルブレイクを再現可能です。
▼アクション
▼まとめ
以上でしたー。このサイズで合体できるのは凄い・・・のですが、パーツが外れやすく股関節の保持がほとんど出来ないと遊ぶのにはストレス。

素体に関してもせめて見えている部分の塗装と登場ポーズがとれるくらいには股関節を動かせるようにして欲しかったです。

発売されたのはとても嬉しいですが、個人的には合体ギミックはオマケくらいにして、単体でもある程度遊べて飾り映えのする仕様にして欲しかったなぁ。

▼スポンサーリンク