ヴァリアブルアクション 地摺朱雀 レビュー

メガハウス ヴァリアブルアクション 地摺朱雀 (境界線上のホライゾン)

▼商品データ
メーカー メガハウス
シリーズ名 ヴァリアブルアクション
登場作品 境界線上のホライゾン
発売日 2013/06/28
価格 8,925
サイズ 約170mm
▼スタイル
「境界線上のホライゾン」より「地摺朱雀(じずりすざく)」
▼アップ
女性的なフォルムと各部のメカニカルな造形がとても格好良いですね。胸がとても大きい。メタリック塗装がとても美しく、光の反射が綺麗です。
▼可動
首2重ボールジョイント。胸ボールジョイント。腰ボールジョイント。
肩接続部前後左右に可動。肩左右スイング+縦ロール。肩アーマー2パーツ構成。上腕部横ロール。肘二重可動。手首2重ボールジョイント。
スカートは後ろの接続部が縦ロール。3パーツ構成になっていて各パーツが左右に可動します。股関節ボールジョイント+上下可動。腿横ロール。
膝二重可動。関節が前にも動くためトリ足のようにもなります。足首ボールジョイント。ヒール部前後可動。足先上下可動。

膝と足首の保持力が少々弱いため、足を開くと自立が厳しいです。

▼付属品
大型レンチ×2、交換用後ろ髪、オプションハンド左右×4
▼付属品&ギミック紹介
なびいた状態の後ろ髪。差し替えで取り付け。
大型レンチ。2本付属。専用の持ち手があり一旦下部を外してから持たせます。結構な重量があるため保持が難しいです。下アゴ部分がちゃんと可動します。
専用の台座付き。シンプルなクリア仕様。支柱が4箇所とフレキシブに可動するので、足周りの関節の弱さはフォローが効きます。
▼比較
何となくサイズ比較を。ROBOT魂ユニコーンフルアクションVer.と。思いの外大きいです。
▼アクション
▼まとめ
以上でした。本体自体の出来はクオリティ高く、特にメタリック塗装はとても美しく仕上がっていました。

アクションフィギュアとしては肩周りの可動が優秀だったり、スカートがフレキシブに可動したりで楽しい反面、武器の重量に手首が負け気味なのが残念。

大型武器なので専用のシンプルな持ち手とはで保持力を上げて欲しかったところです。

▼スポンサーリンク